家電バーゲン
放射能測定器
楽天市場
FX自動売買


ディーツゲン・マルクス・エンゲルス

ヨゼフ=ディーツゲン人間の頭脳活動の本質

小松攝郎訳/岩波文庫(昭和27年11月5日)

カール=マルクス経済学・哲学草稿

城塚登・田中吉六訳/岩波文庫(昭和39年3月16日)

カール=マルクス経済学批判

武田隆夫・遠藤湘吉・大内 力・加藤俊彦訳

岩波文庫(昭和31年5月25日)

マルクスエンゲルスドイツ・イデオロギー

 ――最近のドイツ哲学およびドイツ社会主義の批判

古在由重訳/岩波文庫(昭和31年1月25日)

フリードリヒ=エンゲルスフォイエルバッハ論

――ルートヴィッヒ=フォイエルバッハとドイツ古典哲学の終結

松村一人訳/岩波文庫(昭和35年5月5日)

三浦つとむレーニン批判の時代

ハインリヒ=ハイネドイツ古典哲学の本質

――ドイツの宗教と哲学との歴史のために

伊東 勉訳/岩波文庫(昭和26年11月26日)

■参考サイト

社会問題と社会科学のためのサイバー大石ゼミナール

電子論文一覧大石高久)から

  ○『経済学・哲学草稿』における〔市民社会分析〕
  ○『経済学・哲学草稿』における最初の「経済学批判」
  ○『経済学・哲学草稿』〔第三草稿〕
  ○『経済学・哲学草稿』と『ミル評註』
  ○古典派経済学のシニシズムとマルクスの「経済学批判」
  ○『ドイツ・イデオロギ−』第一篇の編集問題について
  ○「唯物史観」と「一般的結論」    
──本稿は、「唯物史観」をめぐるエンゲルスとマルクスの同一性と差違性、その差違性の源泉の解明を通して、マルクスの真の全体像を再構築すると同時に、今日から観たエンゲルスの意義と限界を解明するであろう。
  ○マルクスとエンゲルスの社会主義論
  ○マルクスの弁証法的方法と古典派価値論批判